天気の子

スポンサーリンク
waethering-with-you 本・映画

始まりました夏休み!

今日から夏休み!なのに、まだ毎日どんより雲。梅雨明けしてません。Z会の作文教室が15:00からっだったので、その前にお昼からの回の「天気の子」を見てきました~。
ご存知、「君の名は」の新海監督の最新作です。

圧倒的な映像美に感動

ストーリーは、今のようなどんよりした雨ばかり降っている東京が舞台。すごくタイムリーだなあと思いました。
ある中学生の少年が、小さな島から家出してくるフェリーの中で、ある男と出会うことから始まります。これから見る人のためにストーリーについてはあまり触れませんが、とにかく雨の東京が本当に美しく描かれていて、みずみずしい映像に感動しました。

新宿の街がたくさん出てくるのですが、私が結婚してすぐ派遣で働いていた某外資系IT企業が新宿の南口にあったので、毎日出勤していた風景が出てきてとっても懐かしく感じました。辞めてもう10年以上たって、疎遠になってしまったその頃の友達、上司、今はもうあるのかもわからない帰り道よく寄ったカフェ。さくらが居なかった頃の気ままな派遣兼業主婦だったころのいろいろなことが思い出されてしまって、ストーリーよりその新宿の風景で涙するという意味不明な反応をしてさくらに不思議がられてしまいました笑とにかく映像をずっと見ていたいなと思える映画でした。

昨今の異常気象は、人間の力ではとても抗えるものではないけど、その中でも自分が大切にしたいもの、好きな人、やりたい事を貫いていく強さの大切さを描いているのかなあと、ぼんやり考えた映画でした。

盛りだくさんの初日

映画の後、Z会の作文教室3日目へ。それが終わった後は、学校主催の「夏休みこども大会」へ
校庭でカレーを作って食すという毎年恒例のイベント。からの、地元の神社の盆踊り大会(゜o゜)という毎年お決まりのコース。友達が神社に大集結で、大盛り上がり。こういうの子供は楽しいのでしょうねえ。いいなあ。一応夜なので付き添って行きましたが、さくらは、受験勉強のことも100%忘れて、私の存在なんてそっちのけで友達との時間を楽しんでいました。私はそれを遠目にぼーっと眺めて幸せな気分でした。いろいろあるけどこの夏に楽しい思い出ができたらいいな。

しかしさくらこんなに飛ばして大丈夫なの?っていうくらいの初日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました