小5女子 心と身体の変化

スポンサーリンク
日記

中学受験は早熟の子の方が向いているという話もよく聞きます。
同じ年の子に比べて、ちょっと幼いかなと思っていたさくら。3月生まれの早生まれなので、しょうがないかなーなんて思っていたのですが。。。

身体の変化

背がどんどん伸び、クラスでも後ろから数えて2番目。胸も結構多くなってきたので、そろそろ生理にもなるかなあなんて思っています。そろそろ、赤ちゃんができる体の準備を始めてるんだよ。なんて話は少しづつしていて、突然生理が始まって、パニック!なんてことにならないように教えています。
保健体育でも習ったようで、「さくらもいい赤ちゃん産めるかな?」なんて言ったりしています笑
わかってるのか、わかってないのか・・・。
この体が劇的に変化する中で、中学受験に臨まなければいけないのです。親も気を使いますし、子供自体も、心と身体のバランスを取るのが大変な時期だと思います。

心の変化

心の変化は5年生になって著しく、自立心が芽生えてきました。4年生の終りまで、なんと私は添い寝をしていたのですが、さすがに一人で寝てくれるようになりました。
しかし、お風呂はお父さんと入りたがり、お父さんはちょっぴり困惑気味。
「はずかしくないの?」と聞いても「どうして?家族でしょ?」と不思議そうな顔をしています。
その面ではまだまだ成熟はしていないような。今中途半端な時期なのかもしれません。

勉強に対しても、以前にもまして、私のアドバイスや忠告を聞かなくなりました。
「何にも言わないで!私はやることきちんとやっているんだから!(やってないから言ってるんだけど。。。)ホントに何にも言わないで、あっちに行っていて!」と言われることが多く、ケンカがものすごく増えました。私に対して、すごく理屈っぽく反論してきたり、気に入らないと口を利かなくなったり。
成長したなと思う反面、私の怒りも倍増中です。

俗にいう「反抗期」というもので、男の子よりも女の子の方が早いのかなあと、周囲の話を聞いても思います。成長の証だということは頭ではわかっているのに、どうしてこんなに怒ってしまうのだろう、、、と何回後悔したことか。

母も、 仕事、家事 、塾の送り迎え、塾弁当、宿題やったか確認、などなど日々追われていて余裕がなく、反抗的に言われた言葉に売り言葉に買い言葉になってしまう。これが一番最悪。母も子供と同じくらい、自分を大切にして、ストレスをためないようにしないといけませんね。

友達との関係は、以前より友達と過ごす時間を何よりも大切にするようになりました。
日曜日は家族三人で出かけるのが定番でしたが、最近は日曜日もクラスの友達と公園に集合!が増えました。(夫と二人だけの時間、どうしようって思っちゃうんですけどw)

5年生になってクラス替えをして急激に仲良くなっているようです。
今回のクラスは男女問わず仲良しになったそう。
それでも、「好きな子はいない」宣言していたさくらでしたが、
「男の子も仲良いい子がいっぱいで来た!この調子で行けば好きな子できるかも!?」
とちょっと恋の予感?もあるようです。

でも「あーでも私は受験して○○中に行くから、今好きな男の子が出来ても、すぐ離れ離れになっちゃうから、やめとこうって思う。合格してからにしようかな。」
などとぶつぶつ。。。
なかなか打算的ですwいいぞ(?)

過渡期を楽しむ

到底そんな心の余裕はないのですが、一人っ子で、お姉ちゃんと比べてこの子はなんてことは一切ないわけで。反省を活かすなんていうことももちろんできません。1回ガチンコ勝負の子育てです。

おそらくこの2年弱は、悩みが倍増すると思うのですが、1度しかない子育て。かみしめて、成長を見守りたいなと思います。母親力もここが鍛え時。頑張ります。まずは大人である母親の気持ちを整えて、きちんと子供の向き合い、話を聞ける余裕を持つように心がけたいですね。

最近は、さくらの塾が遅い日は、 仕事帰り、 サクッと一人でビールを飲んだりして、ストレス解消をしています。(内緒ですが)子供のことばかりに集中しがちですがたまには、自分も甘やかしてみてもいいかなと思っています。その時間があると、子供にも優しくなれます。一度試してみてください!

急な変化 おまけ

そしておまけ。本当にびっくりするくらい変わったことがあります。

それは足の臭い。
車の中で靴を脱いだりしたら大変ですw車酔い必至。
これも成長の証なのか。。。。
小さいときあんなにかわいかった足が、こんなニオイを発するなんて!衝撃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました