enaでのクラス分け

スポンサーリンク

成績順に席が決まる

中学受験の塾では割と普通のことだと思いますが、中学受験未経験の私としては最初順位が教室の入り口に張り出してあるのがちょっとびっくりしました。そしてその成績順に席順が決まります。

さくらの通う校舎は人数が多く、2クラスでAクラス、Bクラスに分かれます。 Aクラスの上位3人はずっと同じメンバーで、その3人の入れ替わりしかありませんでした。3年生の最初から通っている子たちで、早くから塾のペースをつかんでいるようでした。
さくらは、「あの3人を抜かしたい!」とひそかな目標を持っていますが、1年近く通っても、いまだその目標は達成できていません。一応Aクラスには在籍していますが浮き沈みが激しく、安定した順位はキープできていません。

Bクラスに落ちてもめげずに、次のテストで頑張って、Aクラスに返り咲きなんていうお友達もいてすごいえらい!頑張った!とほめてあげたくなる子もいっぱいいます。ホントにみんな頑張っています。

ごほうびの設定

さくらは、どちらかというと、あまり悔しがったりするタイプではありません。
誰に負けた!とか勝った!ということにはあまり燃えません。
そのかわり偏差値○○行ったら、あの本を買ってほしい、あのおもちゃを買ってほしい。など物欲がすごいです。欲しいものを買ってほしいから、頑張るみたいなところがあります。
最初に、ごほうびを設定してしまったので、次からもごほうびがないとあまり勉強したがりません。
ちょっと失敗したかなと思いますが、現状はそれが彼女のモチベーション。

もう少し、精神レベルが高くなれば、
→○○が欲しい
→○○ちゃんよりいい点とりたい
→全国の中で○○位以内に入って合格に近づきたい
→夢をかなえるために合格したい
となっていくのでしょうか、今は欲しいもので頭がいっぱいなんです笑

競争に向くか向かないか?個別か集団か?

競争に向く子、向かない子がいると思いますが、さくらはまあ、マイぺースであまり人と比較するということをしていない気がします。いつも校舎内3位以内に入っているメンバーに追いつきたい!と言いつつも、あまりそれをモチベーションにはしていないようです。
そこにもう少しこだわって、せっかく集団指導の塾に行ってるのだから、競争心を燃やしてほしいものです。
しかし、集団指導の雰囲気は好きなようで競争をする環境に拒否反応を示すことはないです。
さくらのお友達で個別に通っている子もいます。お月謝もそれなりに高いようですが、個別の手厚い指導が気に入っているそうです。

個別の手厚さを取るか、集団の良い意味での競争心を養うか。その子の性格を見て決めたらよいと思いますが私としては、全体の中での今の自分の位置を肌で感じるためにも、集団の方がいいのかなあなんて思っています。その環境も込みで塾に通わせているようなところもあります。

他の学校の友達がこんな勉強法をしていたから真似してみる!1位の子に、何を勉強したかインタビューしてみた!とかいろいろ攻めているようです。これもコミュニケーション能力アップにつながるかな?
面白かったのは、「お母さん、私気が付いたんだけど、3位以内の子は絶対全員メガネをかけてるんだよねー。」と帰りの車の中でつぶやいたこと笑 みんな勉強しているんだよw
母としては、一回下のクラスに脱落!を経験しそこから這い上がるという ということをやってみてほしいと思ってます。鬼でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました