アンガーマネジメントした日

スポンサーリンク
日記

またまた怒りMAXの朝

やっと金曜日ですねぇ。。。ふぅ。1週間お疲れ様でした。今、帰りの通勤電車の中です。めっちゃくちゃ湿度高いです。

今朝はさくら6時30分過ぎに起き、朝ご飯。のろのろと身支度をして朝の日課である「日々の学習」(略して日々学)という計算問題集にとりかかりました。最近はストップウォッチで計りながらやり、自分で答え合わせを繰り返します。

「全問正解ーーー!!(*’▽’)」
となかなかご機嫌です。
今日は塾の後、居残りで自習をするからお弁当をお願い!と頼まれていたのでさくらを見守りながらキッチンでお弁当作りにいそしんでいました。

夫もさくらも出かけていき、私も出勤の準備を終え、少し時間が余ったので、ふと「日々学」をどれどれと見て見ました。

すると、またもや「全問正解!」と丸を付けたページに明らかな不正解が。
1ページにつき2-3問は間違ってるじゃん(゜o゜)

先日わたくし、怒りが爆発したばかりですが。。。 
「中学受験と母のメンタル」↓
https://go-toritsuchu.tokyo/2019/05/28/junior-high-school-exam-and-mothers-mental/

またまたぶっちーんと頭の中で何かが切れたようでした。
何が全問正解だよ!
この間もうやりませんて言ったばっかりだろ!!!
頭の中で、急激にお湯が沸いたような感覚に襲われ。。。

紙に太マジックで

「また間違ってる問題に○してる!!直しなさいつ!!!ごまかすなっつ!!!」
でかくてスイマセン。
恐ろしいでか文字で書いて机の上にバン!!!と置きました。

嫌な母

もうイライラ怒りで頭の中がいっぱいでどうにもならない状況でしたが、
遅刻ぎりぎりの時間だったので、部屋を出ようとしました。
すると、机においいてあるその紙がちらっと目のはじに入りました。

「うーん、我ながら嫌な母。。。。」

さくらの立場になって考えたらどうだろう。
学校から帰ってきて、その紙を読んで、「ばれちゃった。。。」と落ち込んだ気持ちで塾に行く。
帰ったら怒られるだろうなあ。と思いながら授業を受ける。

果たして、置き手紙をすることって、何かいいことあるのだろうか?
帰ってきて、お風呂に入って落ち着いてから、なぜこうなっちゃったの?
をゆっくり話しても同じじゃないか?
私の怒りを晴らしているだけだなと。
晴らしたところで、さくらのごまかし癖は治らない。
ごまかしたのは悪いけど、話をちゃんと聞いてみよう。
思いなおし、その怖い紙を丸めて、ぽいっとゴミ箱に捨てて仕事に出かけました。

衝動のコントロール

このように少し時間を置くことで(幸いなことに怒りがMAXの時にさくらが目の前にいなかった)前回のようにものすごい怒りを娘にぶつけることを回避できました。

これはアンガーマネジメントでいう
<衝動のコントロール> というものだそうです。
人の怒りのアドレナリンが強く出るのが最初の6秒間だということで、最初の6秒をやり過ごし、怒りを感じた原因を書いてみてその怒りに10段階評価を付ける。

↑・・・・って、怒ってるのになかなかの変な人ですけど笑、私がやったのはまさに、少しやり過ごして、紙に書く。という動作。不思議と怒りは少し収まったような気がしました。
なるほど、効果ありますね。

瞬間湯沸かし器のように感情に任せて怒るのではなく、少し時間をおいて冷静に話してみる。
これはとても有効な方法だと思います。
私と同じ、瞬間湯沸かし器のママ、6秒だけ待ってみましょう。そして自分がなぜ怒りの感情を持っているのか分析。あーあ、やっちゃった。怒っちゃった。と自己嫌悪になることを回避できるヒントがあるような気がしました。

この後、どのように話すかがポイント

さてさて、そろそろ塾のお迎えの時間です。
お迎えまで久しぶりにカフェで時間をつぶしてあれこれ考えていました。
ちょっとだけのんびり。。。

帰ってきて冷静に話すことが出来るか?そこがホントの母の力量ですよね。
話しているうちにまたお湯が沸いてきちゃったりして!?
ヒューーー!頭から湯気が。。。w
いやいや、今日は冷静に優しく、話をしてみることにします。では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました