中学受験と母のメンタル

スポンサーリンク
日記

スケジュール帳を嬉しそうに書いていたさくら

GW10連休の間に立ち寄った文房具屋さんで、すっごく気に入ったスケジュール帳を見つけたさくら。嬉しそうに毎日更新していました。毎日の勉強のスケジュールを書いて、次の学力判定テストまでの目標、あと何日などカウントダウンをしたり。とってもとっても頑張っていました。
毎日寝る前にはスケジュールを更新して、明日も頑張るぞー!と言いながら寝る。とってもいい流れが出来ていたんです。もし計画倒れだったり、途中でスケジュールをやめたりしたら、1か月大好きなゲームをしない!それでもいいから、このスケジュール帳を書きたいから買って!といわれ、買ったものでした。

いろいろごまかしが発覚!

毎日順調にスケジュールをこなしているなあ、感心だなあなどと思っていたのですが。。。
そうは甘くない事実が発覚してしまいました(T_T)

・学校の宿題→課題とされているプリントは学校に置いたまま、宿題として出されているドリルも学校に置いたまま。 ランドセルの中身は空っぽ。「新しい先生は、教科書学校において行っていいっていうんだもん。」という言い訳。

・塾の勉強→スケジュールとして立てていたテキストの問題のページも数問のみ適当にやって、間違っているのに適当にマル付け。はい今日のスケジュール達成!

そう、スケジュールのさわりだけやって、本日の目標達成―!と言っていたのです。

さくらの自主性に任せて、うるさくチェックしていなかった私も良くなかったのですが。。。
それにしてもいい加減すぎる!!!学校の忘れ物に関しては前から注意していて、直すと約束していたのに何一つ変わっていない。
仕事の疲れ+もろもろのストレスも相まって、久々に何かが切れました。

「ごまかしてるんじゃないよ!!!


 明日からゲーム禁止!!!


 そんなんじゃ合格するわけない!!!」

明日は塾の学力判定テストだというのに、母は激しく怒ってしまいました。
結構な勢いで怒鳴ってしまいました。(近所に聞こえなかったか心配。。。。)

一応机に向かっていたさくらでしたが、涙を浮かべ、3週間くらい毎日書いていたお気に入りのスケジュール帳をゴミ箱に投げ捨て、ふて寝してしまいました。

自分の怒りを抑えられなかったのはなぜなんだろう?

確かに、ごまかして適当にやっていたさくらは悪いです。でも母である私はそこまで切れる必要はあったのだろうか?どうしてもっと冷静に理由を聞いたりしてあげられなかったのだろうか?ふて寝してしまって静かになった部屋で一人放心状態です。
全て言い訳ですが、仕事で疲れていたのと、夫との関係、実家のこと、友人関係なんだかすべてがうまくいかない自分のストレスを吐き出すかのように、さくらに当たってしまいました。すごく反省。
受験をするってことは、自分のメンタルも健やかに保っておかなければいけませんね。
なんかホントに情けない気持ちです。

子供の自主性をと言いながら監視している母

思い返すと、母は「自分で立てた計画だから、自分でしっかりやってね。」と言いながらも、勉強させよう、させようと無意識のうちにしていたのかもしれません。勉強をちゃんとやっていれば機嫌が良く、そうでないとイライラしてしまう自分。これでは、隠したりごまかしたりしたくなるのも仕方がないのかもしれませんね。追々書こうとは思うのですが、いろいいろなことがあり、この1年半くらい、イライラしていることが多いのは自覚しています。反省。明日朝起きたらもう一度話してみよう。
以上、ゆる受験日記なのに、あんまりゆるくなかった話でした。

コメント

  1. 田中一郎 より:

    さくらママさん、こんにちは。

    ブログランキングで拝見しました。
    我が家の妻がさくらママさんと似ているところがあり、その感情が手に取るように分かります。

    子供と対峙してイライラしないお母さんはいないと思いますよ。
    それだけ親も真剣な証拠ですから。
    まあ、程度の差はあれお母さんがおこる時は御主人がいらっしゃる時にされて下さい。
    親子二人きりだと煮詰まって底無し沼にハマってしまうので、
    御主人が頃合いを見計らって助け船を出すようしてみてはいかがでしょうか?

    どこの家庭でも共働きならば、仕事上の問題や家庭問題などを抱え込んでいると思います。
    同じ受験生を持つ親として共に頑張りましょう!

    • sakura_mamasakura_mama より:

      コメントありがとうございます!
      どんよりと自己嫌悪で落ち込んでいる朝でしたので、
      田中さんのコメントを読んでとっても嬉しくて(T_T)救われました。

      そうなんですよね、二人きりで私が感情に任せて怒ってしまうと、
      底なし沼のああ言えばこう言う状態に陥ってしまうことが良くわかりました。
      一生懸命やってるつもりなのですが、つい熱くなってしまって。
      ほとぼりが冷めたころ主人とも話をしてもらおうと思います。

      我が家だけじゃないんだ!って勇気をもらいました。まだまだ先は長いですからお互い頑張りましょう。
      ありがとうございます(^^♪

タイトルとURLをコピーしました