中学受験を自宅で準備し始めた小4、毎日のスケジュール

スポンサーリンク
中学受験決意まで

毎日のスケジュールはこんな感じで過ごしていました

自宅で中学受験勉強のための準備(ウォーミングアップ)を始めた我が家。
夏休み前までの平日は下記のような感じで過ごしていました
共働き、夫の協力ほぼゼロのワンオペ生活。母が仕事で夕方18:00頃まで居ないので、学校から帰って一人の時間で何をしているのかはナゾ。なかなかうまくスケジュールが進まないことにイライラすることも多々ありました。


TIME

TO DO        

6:30

起床→朝食
目をつぶりながら食べてることもZZZ

7:00 

着替え・身支度 

←ここでもたつくことが多い。
7:10
朝勉強  予習シリーズ
計算問題集1ページ
漢字とことば1ページ
この予習シリーズの計算問題が特にいいです。簡単すぎず、適度に難しいのです。予習シリーズ本編ので扱っている内容がちょっとづつ出てきて、反復トレーニングができます。
紙面の見本はこちら
漢字とことばも、漢字に加えて言葉の意味、語彙を増やせるようによく考えられています。
紙面の見本はこちら

8:00

学校へ
学校は大好き。女子だけでペアで遊ぶのではなく、男女ごちゃまぜで、鬼ごっこ―!とかそういうのが好きみたいです。

15:00~15:30
さくら帰宅
~17:30テレビ、ごろごろ。。。仕事でいないのでわからないけど、この時間長いと思う。
学童のありがたさがわかります。
17:30~18:00学校の宿題母帰宅→学校の宿題をやってないじゃん!!と切れるのが日課。        
19:00夕食20~30分で弱でパパッと作れる手抜きメニュー中心笑
20:00お風呂お風呂でいろいろ話してくれることって多い。
20:30~21:30夜勉強 
予習シリーズ 
パターン1.
動画を見て必修例題・類題を一緒にやる。
パターン2.
基本問題をやる
パターン3.
練習問題をやる
週の最初にパターン1
これが1教科につき1日で終わればいい方。特に算数は、わからないー!!の連続で基本問題を終わらせるのがやっとの週顔かったです。
パターン3までたどり着くのは、組み分けテストの直前ですね。。。このわからないスパイラルから抜け出すのは容易ではありません。
発展問題までやれることはほとんどありませんでした。
21:30~22:00就寝やっと一日が終わる。一人で寝てくれないので、一緒にベッドでお話ししているうちに私もZZZZ気が付いたら朝やん!ていうこと多々。

2月から始め、やっとペースをつかめたのがGW前

とにかく、学校の勉強とは種類が違うので、最初はかなり戸惑いがありました。
最初の1,2カ月は動画の授業を見るのが精いっぱい。問題は本当に基本的な必修例題をやるのがやっとでした。初めての組み分けテストが終わり、次のテストを受けるくらいの頃でしょうかね。だんだん
辛い状況からは脱出してきたように思います。
しかし、問題が超絶難しい!(算数)最初の方はまだ何とかなるレベルなのですが、途中から、わからない、わからないと日々言われているのがつらくなってきました笑
そもそも進学くらぶの目的はいきなり塾に行くより、家で勉強の習慣をつける
ということだったので一応、目標達成。
2学期終わりまで続け、やはり夏からは塾に行こう!と決意。
ちょうど、GW明けてしばらくすると、新聞広告に夏期講習のチラシが入り始めます。
うーん。迷う!

コメント

タイトルとURLをコピーしました