小学校4年生春から夏にかけての生活

スポンサーリンク
中学受験決意まで

習い事 英語は継続

さくらがそれまで続けてきた習い事
・年少さんから行っている英会話
・小学校1年生から始めた水泳教室
2つとも好きで辞めたくない!という感じでしたが、水泳はとりあえず、3泳法(クロール・平泳ぎ・背泳ぎ)をマスターし次がバタフライっていうところまで来たので水泳はやめることにしました。
関係ないけど、おぼれたときにバタフライやる人って中々いないし、プールとかでも突然混んでる中バタフライやられると若干迷惑って思いません??w
自分がバタフライできないからいうわけではないんですけどね。

英会話は続けるとして、何か運動したい!ってことで、前から興味があったヒップホップダンスの3カ月コースがあったので通うことにしました。
これはバスに乗って一人で行くのですが、違う小学校のお友達もいて結構楽しかったようです。
帰ってきて踊ってくれたりして♪
4年生になって学童もなくなるし、さあ、いざ塾へ!!っていうよりも、一人で準備をして、鍵をかけて習い事にバスで行けるようになるとか自立した時間を送る練習も必要かなと思いました。一人っ子で過保護に育てた部分もあったので。そういう意味でも、急いで入塾しなくてよかったかなって思います。

通信教育 四谷大塚の進学くらぶを始めました

迷いに迷ったのですが、資料請求をしたりした結果
「四谷大塚 進学くらぶ」を初めてみることにしました。
なぜこれにしたかというと
この予習ナビ体験キャンペーン(現在は終了)に申し込んで、2週間体験したのですが
これが結構楽しかったと。気にいったと。
・とりあえず中学受験の問題になれてみる
・自分で計画的に勉強する習慣をつける
成績うんぬんよりもこの2つを目的として、やってみることにしました。

進学くらぶにした大きな理由。
さくらママとしては問題の質も量もZ会が良いのでは?とZ会推しだったのですが。。。
進学くらぶは動画の授業を見て、テキストに取り組む方式なのですが、社会の授業にに出てくる「社会科ライダー先生」この先生の授業が代々大のお気に入りになってしまったからなのです。
(今は退会してしまっているので、動画をお見せできないのが残念。とっても楽しい先生なんですよね。人気だったようです)
この社会科ライダー先生。途中で仮面ライダーのコスプレにチェンジしてくれたり
店員さんに変身したりと、とっても楽しいらしく、さくら大ウケ!
どうしてもこれがやりたい!ということで押し切られ、申し込み。
そして月に1度の「組み分けテスト」というものがあり、四谷大塚の通塾生と同じテストを受けて
自分の立ち位置を知るという生活を始めたのでした。

子供は遊びが大好き!笑顔が大事!

さくらは、人付き合いが下手な母に比べて、とっても社交的なタイプ。
習い事がない日は、お友達をわんさか家に連れてきたり、「公園に○時に集合!」などとメールを送りあって、5時までほとんど家にはいません笑 
公園で何してたの?と聞くと「鬼ごっこしてたの!」と汗をかきながら満面の笑みで答えます。
ああ、子供はやっぱり遊ばなきゃな。あまり親の意見を押し付けてしばりつけちゃいけない。と思ったり。
でもあまりにも遊んでばかりだと「今日の分の問題集終わったの?」とキレてしまったりと日々母も気持ちが揺れている状態。
そんな中でも少しでも自発的に勉強する気持ちが出てくれば。。。と思うのですが。
勉強しなさい!って言わないキャンペーンを自分の中ではじめても2-3時間で挫折。。。。
の繰り返しでした。
しかし、本当に受験するとなったら、こりゃ、親のメンタルも相当大変なことを覚悟しないといけないわ。

いろいろ模索した上での母の考え。

とりあえず、偏差値にもこだわらない、
超スローペースで受験するのかどうか?
のレベルの見極めを始めてみました。
さくらから「受験したい!」の一言が出るか。
はたまたもう辞めたいと言うか。見守りろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました